スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なめんなよ
昨今の「アキバブーム」とやらに対して常日頃苦々しく思っていらっしゃる方々も多いようで「あなたもメイドさん教の教祖として納得いかないでしょ、わかるわかる」的な色んな意味で間違った同意を求められる事もたまにあるのですが…私は「アキバブーム」自体にはそんなに否定的ではありません。(報道されているほど実体のある物だとは全然思いませんけど)

まあ、一部のメイド喫茶の特殊なサービスばかり強調して報道する「トゥナイト2の新風俗特集」(古いか(^^;)みたいなテレビ報道のされかたには苦笑してしまいますが、ツンデレカフェと称した言葉責めソフトSM喫茶に対して「ツンデレの用法が違う!」などとマジ文句を言ったりするのは、ある意味遊び心が足りないかな~と思うし。(単に接客態度最悪のくせに帰ろうとすると次回の本指名をねだるダメなキャバ嬢にしか見えない…などと思ってしまうのは内緒だ(^^;)

学生時代(十数年前)ほぼ毎日アキバに通っていた私的には、そもそもアキバって街は昔からカオスというか胡散臭いというか、雑居ビルの狭ーい階段登っていくと怪しげな店が!みたいなアングラ感が魅力な訳で…コミケ的素人手作りの学園祭みたいな雑多さこそ正にアキバカルチャーの真骨頂だと思うわけです。

アキバ=毎日が学園祭前日の街=うる星やつら2ビューティフルドリーマー
…なんか全てが集約されてる気がする…押井守は偉大だ _| ̄|○ ヒレフシ

ただ…
明らかに作為的に選ばれた「アキバボーイ」へのインタビューにテレビメディアの「ほ~ら可哀想な人たちを見てあげて」的な視点を感じたり、逆に全然わかってないくせに変に「理解しようとしてますよ~(既に上から目線)」みたいな部分を出そうとしてたりするのはちょっと勘弁して欲しいです。

 みんな楽しくやってるだけで別に「可哀想」じゃねーんだよ!
 何もわかってないくせに偉そうにわかったような顔すんな!

ちなみに…オタクビジネスに関わっている地位のある人なんかにも、明らかにオタクを小馬鹿にしている人はいっぱいいます。
今まで私が直接お会いした方々の一部を例に挙げると…

「あ~、よくわかんね~けど、どうせこいつらこんなのが好きなんだろ?」
(いやそれ全然イケてないから…)

「なんか最近流行ってるらしいから、ウチも遅ればせながら参入してみたよ」
(それ全然最近じゃないし…そもそもジャンルだけ真似ても)

「xxなんてダメダメ、これからはxxだよxx」
(…こないだと言ってる事が全然違うだろーが)

「なんかxx売れてるらしいけどさ、あんなんでいいならウチすぐ出来るよ」
(…ならやってみれば?)

(8年前、メイドさん萌えについてさんざん説明した後のコメント)
「メイドねぇ…要するに性奴隷みたいなもんでしょ?」

…こんなんばっかです _| ̄|○ イヤマジデ
以前、コンシューマー業界が不況になった時「オタク相手なら簡単に儲かりそうだから」って理由で美少女ゲーム業界に自称「都落ち」してきたメーカーもいっぱいあったし。
…なんだよ「都落ち」って。美少女系そんなに甘くね~ぞ、オタクなめんなよ(怒)
(最初に入ったゲーム会社でも当時コンシューマー系と美少女系の2ラインあって、コンシューマー系のスタッフは美少女系を低く見てて、でも売れてるのは美少女系っていう現実もあって、複雑なコンプレックスを抱いてたみたいだったなぁ…)

急にアキバポップカルチャーとかいって「美少女系が市民権を得た」みたいになったんで(別に得てないけど)「以前からウチは注目してたんですよ~」って言い出しただけで、今オタクビジネスに関わってる人々の多くは「今、アキバブームらしいから取り敢えず乗っとくか」「オタク相手なんて所詮この程度で充分だろ」って確実に思ってます。(こんな事わざわざ言われなくても、深夜に毎晩テレビつけてればイヤでもわかりますよね…)

しかもこういう方に限って、コミケ参加歴20年以上の私に「いや~、最近のオタクの流行ってのはさ~」などとどこかでちょっと聞きかじってきたような薄ッペラな知識で偉そうな講釈を垂れて下さいます…ホント有り難くて涙が出そうです _| ̄|○

ハッ…楽しいアキバ談義のハズが、いつのまにか毒吐きまくりの文章に~(汗)
あ~全部ウソウソ!この物語はフィクションです…って事でひとつ m(_ _)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。